晴天の霹靂。著作権について。

2017年2月12日

こんばんは〜。

平日限定・暇つぶしブログ担当のナカノです。

今週最後のブログ更新が、こんな内容になるとは思っていませんでした( ̄(工) ̄)

JASRACが音楽教室にレッスン料の2.5%を著作権料として課金する方針を打ち出しました。

音楽教室から著作権料を徴収方針…JASRAC

ネットでは、音楽教育界の重鎮のみなさんが、猛反対の声を上げています。

個人教室には課金されない(らしい…確かな情報ではありません。)とかいう噂もあるやまやうですが、

作曲家自身がセミナーを開催した場合、プロジェクターに楽譜を写し出しただけで著作権請求がくるとか。

発表会やクリスマス会も、人前で演奏することはもちろんだけれども、それは人前で演奏することで学ぶことがあるからなわけですよね。

おまけに、レッスンで使用している楽譜には著作権がかかってるはずでは?
それに、徴収した著作権料をどのように作曲家にきちんと分配されるのか謎!!!

と不満の声、続々です!


うえへ